Skypeをするには?

Skypeとは無料で使用できるインターネット電話です。

パソコンにインストールすればすぐに利用することが出来ます。

操作方法も簡単で、世界で最も慕われてるツールです。Skypeを利用する方は、以下をご参考にSkypeの設定を行いましょう!

1. SkypeのHPへアクセス

まずは、SkypeのHPにアクセスします。
Skypeのダウンロードページはこちら

画面中央の[ダウンロード]ボタンを押してください。Skypeのダウンロードが始まります。

※Windows、Macなどの種類がありますのでご自身の合ったSkypeのダウンロードをお願いします。

 

2.Skypeをインストールしよう!

Skypeのダウンロードが完了すると、「SkypeSetup.exe」というファイルがデスクトップ(ダウンロード先によっては別の場所)に保存されます。

こちらのファイルをダブルクリックすると、ダイアログが開きますので【実行】をクリックしてください。

インストーラーを起動するとインストールの実行ボタンを押下してください。

起動するとSkypeが立ち上がります。

2-1.Skypeのアカウントを作ろう!

インストールしたSkypeを起動し、[サインインまたは作成]を選択すると、[サインイン]のページが開きます。

[アカウントをお持ちでない場合は作成できます]タブを押下し、必要事項を入力してください。

※Skypeを起動したときのサインインのSkype名やパスワードは[Right now会員登録時のEmailやニックネーム、パスワード]とは異なりますのでご注意ください。Skype用に設定する必要があります。

氏名・メールアドレス・設定するSkype名・パスワードが必須項目です。

【重要】Skype名がSkypeをご利用される際に公開される名前になります。
本名で無くニックネームなどをお薦めします(同一名称は登録できません)。

次回以降のご利用では、Skype名とパスワードでログインできます。

3.通話テストを行ってみよう!

通話をする前に一度回線や音声の確認のために、必ず通話テストを行いましょう。

まず、連絡先に入っている【Echo / Sound Test Service】を選択してください。

【通話】ボタンが表示されるので、こちらをクリックします。
すぐにコールが鳴り、自動音声が流れますので説明に従って通話テストを行ってください。

  • WEBカメラのテストは、Skypeメニューの「ヘルプ」→「通話品質ガイド」→「サウンドチェックリザード」にて行うことができます。

4. コンタクト承認とコンタクト申請してみよう!

通話をするときは、通話相手を連絡先に追加する必要があります。
連絡先に追加する方法は2つの方法があります。

  1. 通話相手からのコンタクト申請を承認して追加する
  2. 通話相手にコンタクト申請を行って追加する
  • Right nowは主に、講師側から生徒側に対してコンタクト申請が行われますので1の方法となります。

1の場合(コンタクト承認)

  1. 追加リクエストがあるとSkype上にお知らせが表示されます
  2. こちらをクリックし、相手からのメッセージを確認します
  3. 【連絡先リストに追加】ボタンをクリックで承認完了です

2の場合(コンタクト申請)

  1. Skype画面左下の【連絡先を追加】ボタンをクリック
  2. 相手のSkype名などを入力し、通話相手を検索します
  3. 該当する相手を選び【追加】ボタンをクリックします
  4. メッセージを入力し、【リクエストの送信】をクリック
  5. コンタクト要求が承認されると連絡先に追加されます

5.承認された講師と通話しよう!

予約した開始時間になると、講師からコールがあります。
【通話ボタン】をクリックすると、通話をすることが出来ます。

自分からコールを行う場合は、連絡先から相手を選び、【ビデオ通話】もしくは【電話と通話】をクリックします。

こちらで通話することが出来ます。

では、Right nowをお楽しみください。

※パソコンにカメラとマイクが内蔵されている場合は、ヘッドセットやWebカメラはなくてもSkypeをご利用いただく事ができます。

 

※必要なモノ※

Skypeをするにはマイクが必須となります。

何を買えばいいのか悩んでる方はこちらのレッスンのはじめ方の「必要なモノ」の項目にRight nowが愛用しているマイクやWEBカメラが記載しています。

もしお悩みの方はぜひご購入を検討してみてください。